ドイツでも日本語で!名刺印刷・カタログ印刷、見本市のパネル・ノベルティ制作

LASER World of PHOTONICS 2019 国際レーザー・フォトニクス応用技術専門見本市

LASER World of PHOTONICS -2019
国際レーザー・フォトニクス応用技術専門見本市

開催期間 2019年06月24日〜27日 (10:00〜18:00/最終日のみ16:00)
場所 ドイツ・新ミュンヘン国際見本市会場
開催周期 隔年開催
WEB https://world-of-photonics.com/index.html
特記  次回は2021年06月21日〜24日

 

医療や材料精密加工・製造など、様々な分野で応用されているレーザーとオプティカルテクノロジー。
21世紀の最先端技術を担うこの分野の重要性とニーズはますます高まり、世界中から多くの専門家が参加するLASER国際会議も必見!

参考・引用元:JETRO / LASER World of PHOTONICS 2017 

Aホール1は巨大なカンファレンスルームに

各クラスタ毎に興味深いセミナーが行われていた

メッセ会場は今年度は、B0・ICMホールとA1ホールを全てWordl of Photonics Congress として、カンファレンスやセミナーなどの会議スペースとして利用。  その他のホールにもそれぞれの専門分野のフォーラム会場を設けて、業界全体での知識の共有とディスカッションの場を作ります。 研究者や業界のエキスパートには朝から晩までいても時間が足りない位に、プログラムが充実していました。

2019年度はドイツと40カ国から1325社が出展、前回の2017年度の記録(1293社)を上回る結果となりました。 来場者数は34,000人とこちらも前回(32700人)を上回っており、その内の60%は国外からです。 詳細:Laser World of Photonics HP内ファイナルレポート

会場内見取り図

ICM / B0 / A1 World of Photonics Congress
フォトニクス コングレス・カンファレンス、セミナーの開催
A2 Imaging
イメージング技術
A2 Sensors, Test and Measurement / Optical Measurement Systems
センサー、テストと測定、光学測定システム
A2 / A3 Laser and Laser Systems for Production Engineering
(生産技術のための)レーザーとレーザーシステム
B1 / B2 Optics / Manufacturing Technology for Optics
オプティクス(光学) 生産用技術
B2 Biophotonics and Medical Engineering
バイオフォトニクスと医療工学
B2 / B3 Lasers and Optoelectronics
レーザーとオプトエレクトロニクス
B3 Optical Information and Communication
光学 情報と通信

可能性が無限大、レーザー、フォトニクス、オプティカルテクノロジー

レーザー、フォトニクス、オプティカルテクノロジーとは、専門でなければ、ピンと来ないかもしれない展示会となりますが、大雑把にまとめてしまうと「光を用いた技術」になります。

レーザーは「光を増幅して放射する装置」です。 1917年にアルベルト アインシュタインの論文 Zur Quantentheorie der Strahlung「放射の量子論について」がレーザーとメーザーの理論的基礎を確立したとなっています。 光の特性上、様々な媒体を通すことができるため、媒体によりいろいろなレーザーが発見・確立されました。 固体レーザー、液体レーザー、気体(ガス)レーザー。 半導体や化学反応によるレーザー、ファイバーレーザーなどがどんどん生じて、その応用技術は実に様々な分野で活用されています。

レーザー技術は本当に様々な分野で活躍

pco.edge 26  sCMOSの開発社pco. https://www.pco.de/

その応用技術の進化により、医療の分野、科学・工業分野、情報や家電分野など、広いマーケットでレーザー技術は欠かせないものとなってきました。 例えば、 距離を測定したり、情報処理をするためのもの、ホログラフ・イメージング、レーザー加工で切断したり彫刻をしたり、表面に変質を促したりも可能です。 医療の分野ではレーザー手術、美容の分野ではレーザーによる脱毛やシミ取り、肌質改善など。

自社の商品を扱う分野の見本市を選ぶことが大切ですが、どのような分野にヒントが隠れているかわからない・・・。 様々な分野で応用が効くレーザーとその応用技術の最先端が一堂に集まるレーザー・フォトニクス応用技術専門見本市は、多くのマーケット関連業者に価値ある見本市の一つです。

2016年に発表されたMicrosoft のHoloportation いつの間にかモバイル環境(屋外)でも可能に

個人的にはすでに開発されているバーチャル・ホログラフィーの世界が一般に浸透していくのが楽しみで仕方ありません。 スタートレックのホロデッキ(仮想空間を作る装置)やスターウォーズep4に初登場したR2-D2が投影するプリンセス・レイアの3Dホログラム投影・会話機能付きなどもすでにほぼほぼ実現され、一般家庭での実用化ももうすぐかも・・・? 子どもの頃にみた夢の世界がまた近づきます。

大学機関の研究結果の発表の場として

今年もやはりオススメしたいのは、技術者のためのシンポジウムとセミナー講演。 ドイツ語または英語で講演されています。 またリサーチャーたちの研究結果の発表の場として、そして、意見交換の場として、業界関係者はもちろん、学生にも訪れる価値があります。

ミュンヘン工科大学 TUの研究室からは、いくつかの成果発表がありました。 その中で最も注目したいのがAIで自動的に対象物の形状や深度を計り、それに合わせてレーザーの強さを自由にAIが調節・変更する技術です。 これからさらなる研究とテストリサーチ、検証を重ね、実用化を目指しています。

日本の大学から、研究室も多く訪れるフォトニクスの最新技術 ANDOR an Oxford Instruments company https://andor.oxinst.com/

‘nano’レベルでプリント、たった数十秒

Nanoscribe GmbHから The new Quantum X https://www.nanoscribe.com/de/

たった1mm程の小さな対象物にも印刷がスムーズに行え、複雑なパターンでもわずか数十秒で仕上げてしまいます。 扱いもモニタリングしながらの作業が可能。 タッチスクリーンとリモートコントロールがインターフェースに採用され、利便性がより高まっています。

会場内で実演、オープントークなど多数行われていました。 会場内ツアーもあり。

各国のパビリオン、日本からも多数出展

ジャパン パビリオンは今回2箇所に

リトアニアから

フランス・パビリオン

ポーランドは仕切りのないオープンスタイル

フィンランド フォトニクス パビリオン

アメリカのパビリオンは内側に小道が入っている様なスタイルで各ブースが並ぶ

カナダからも

開催国ドイツからはテーマに沿ったパビリオンや合同ブースを設営

ベルリン・ブランデンブルクから

「日本企業のレーザー技術は優れているし、本当に発展していると思う。 レーザー技術の中でも特に難しくて緻密な作業を極めていくことを要求される様な技術者というなら日本」 というのが会期中で出会った一部サプライヤーからの印象の様です。

他の見本市に比べると数は少ないがチャイナ・パビリオンは目立つ印象

この数年、中国の国策によりチャイナ・パビリオンが大きく出展しているためか、どうしても日本からの出展が少ないという印象があるという意見も出ています。 実際はそれほど少ない訳ではなく、むしろ増加傾向にあります。 今期はジャパン・パビリオンが2箇所にあり、個別のブースも日本から多く出展されていました。

ジャパン パビリオンはシンプルなロゴとクリーンなイメージが各社のイメージとマッチするデザイン

減少していると思われてしまう理由の一つとしては、別の国の「パビリオン」の印象が強いということ。 「質より量」 Quantity than quality という事ですね。 時間が限られている事もあり事前にチェックした企業ブース以外は休憩時間に眺め見るだけなので、日本らしいデザイン(具体的にはどの様なイメージを持っているかは不明ですが)じゃない限りは、日本のブースかどうかは話してみないと分からないそう。

打ち合わせ用スペース、製品紹介ブースは別にある

印象強さで取引先を選ぶ訳ではないですが、今回のようにジャパン・パビリオンが2箇所にあり、HAMAMATSUのブースの様に良い意味での日本のイメージを前面に出したブースが各地にあると、やはり「日本は活気づいている!」という嬉しい気持ちになります。

Panasonic

YOKOGAWA

FUJIKURA

TOSOH QUARTZ CORPORATION

HORIBA

画像で見るレーザーフォトニクス

レーザー、フォトニクスの印象は今年はドイツよりも他国のブースの方が大きなイベントを打ち上げていた印象が持たれる。 そして業界全体で次世代の技術者や研究者を育てていこうという動きが見られた気がします。

CINOGY Technologies GmbH http://www.cinogy.com/

スクリーンの画像は右端の顕微鏡

COHERENT https://www.coherent.com/

Laser Mech https://www.lasermech.com/

TRUMPF E-mobility 電動自動車のいたるところに利用されたレーザー技術がブース内で見ることができる https://www.trumpf.com/de_INT/branchen/automobil/e-mobility/

お洒落な音楽機器と見紛う美しさ(2001年〜医療および産業用アプリケーション向け超高速レーザーの世界的大手メーカー) https://amplitude-laser.com/

レーザー業界の方には有名すぎて見逃せないScanlabブース 3Dを超えた4Dレーザーを実感 https://www.scanlab.de/

スタンプでも有名 小規模な店舗でも利用可能な各種レーザー機器から大型印刷機器まで取り扱うMODICO https://www.modico-graphics.de/

周辺アクセサリー類もあり

お洒落感を感じる

お試し実験セットも販売されている https://www.thorlabs.com/navigation.cfm

弊社では、企業のドイツでのメッセの出展準備・ブース設営からアフターフォローまでサポート致します。 会場内・外での広告の手配も可能です。 通訳などの一時的なサポートも承っております。 各種サポートが必要な時、お問い合わせはこちらのフォームからお気軽にご相談ください。

banner_contact1