ドイツでも日本語で!名刺印刷・カタログ印刷、見本市のパネル・ノベルティ制作

Beauty Forum München 2021 理美容・コスメティックス展示即売会

Beauty Forum München 2021 理美容・コスメティックス専門見本市・展示即売会

開催期間 2021年10月30日〜31日 (9:00〜18:00、最終日〜17:00
場所 ドイツ・新ミュンヘン国際見本市会場
開催周期 毎年開催
WEB https://www.beauty-forum.com/
特記 ドイツ国内2カ所で開催:ライプチヒ
次回:(現時点で未定)-年 -月-日〜-月-日

ビューティーフォーラム・理美容コスメティックス展示即売会は9カ国16ヶ所で行われるインターナショナルな理美容・コスメティック専門見本市・展示即売会。 2019年度は出展者数約1180社、40カ国から42,800人の来場者を記録。 2021年はコロナ後初・再開催。

参考・引用元: BEAUTY FORUM

 

コロナ後初のビューティーフォーラム

今年はA1,B1ホールの2ホールのみを利用し、ネイルと足の健康を保つポドロギーのクラスターとコスメ・美容クラスターに分かれて展示されていました。

ブース間にはゆったりとした距離を取り、通路が十分に離し、コロナ対策もしっかりと行われていました。 各ブースも手肌に触れるものも多いため、消毒液が整備されていました。

このままオンサイトでの見本市が続けて行けるようにきちんとした配慮と規制が行われていたのも、美容業界の見本市らしいともいえます。

ドイツのドクターズコスメ・Dr.RimplerやDr.Grandel、Dr.Schrammekなど日本でも人気の高い有名なメーカーから、まだまだ日本未上陸の良質なコスメ・スキンケアブランドが多数集まるホールC3とホールC2。 ボディスパや体全体の美容関連製品とフットケアブランドもC2ホールに集結していました。

ドイツでも3Dデコパーツやちょっと可愛い派手柄ネイルが一般化したようで、専用のパーツやネイルシールが多く見られました。 アジアからの商品も多数発見。

ネイルのブースも変わらず多数あり、メイクショーやセミナーやカンファレンス、ワークショップは大盛況でした。

コロナ以降一般化したオンラインでのバーチャル展示会・カンファレンスは、ビューティーフォーラムでも開催されました。  オンライン上のバーチャル会場でカタログやカンファレンスへの参加、また待機している各メーカーの担当者とのチャットも可能です。

オンラインカンファレンスのプログラムは「アンチエイジング」「トレンド」「足病学」「医療美容」など多岐に渡った興味深い美容関連セミナー・カンファレンスが行われました。 ただし席数数を減らしてスペースを大きめに取っています。ヘアケア、プロ用ドライヤーのブースでは、実演も。

マスク生活の美容業界への影響

アイメイク目元重視

マスク生活からの影響か、眉毛や睫毛など目元のお洒落とケア製品が目立っていた2021年のビューティーフォーラム。

つけまつ毛、通常の定番カラーからカラフルなレインボーまで様々なバリエーションが見られました。

フェイスマスク系も目元のマスクパッドや、アイクリームが充実していました。

アンチエイジングと肌の深部からのケア

美白やアンチエイジングへの関心が他国に比べると、低く、肌の健康状態自体へのケアが高かったドイツですが、近年アンチエイジング効果の高いフェイシャル・ボディケア用品も増えてきたドイツの美容業界。

今回はLEDライトを利用して、肌の最深部に働きかけつつ、美容液やクリームで保護を行うサロン系処置を自宅でも行えるような美容器具が増えていました。

またフェイシャルマスク人気が高く、今回も大盛況でした。 マスク業界の第一人者でもあるCHIARA AMBRAの担当者曰く、目元のアイパッドの需要が非常に高く、技術開発・提供するだけでなく自社製品としても新たに製作するほどに、人気商品となっているとのこと。

フェイシャルだけでなくパーツ部分やパーティーや特別な日のためだけのデコルテパックや、手足の乾燥がしっかり潤うパックまで、全身をケアする商品全体の売れ行きが高まっていることから、おうち時間のセルフケアの需要が高くなっていることも実感できます。

新商品の寝ている間に肌に浸透していくナイトフェイスパック(クリーム)

キャビアとCBD人気

Daltonから、キャビアにオイスター成分をふんだんに配合したセット

今季のアンチエイジング業界ではキャビアの持つ肌への効果が評価されているのか、キャビアから抽出された成分を配合したアンチエイジングケア用品が豊富でした。

ちなみにキャビアには保湿効果や抗酸化作用、そしてアンチエイジングにはオメガ3系脂肪酸が豊富に含まれているとのこと。 肌との調和性が非常に高い点が評価されているようです。

そしてもう一つの人気成分がCBD(カンナビジオール)ドイツではHanf(ヘンプ)とも言われ、抽出される“カンナビノイド”と言われる栄養成分です。

元々肌との親和率が高く、成分を融合させておく事で肌馴染みが抜群に良くなる、として保湿に抗炎症・抗酸化作用とアンチエイジングや炎症トラブル予防にも良いとされています。

ヘンプというと、麻、大麻、カンナビ種とドラッグ系を思い浮かべる方もいるかもしれません。 そういった効果の少ないもしくは無い別種の麻を使っているのでご安心を。

メンタル面でのケアも

Gharieni社のリラクゼーション・ウェルネス・ウォーターベッド

高級スパやホテルなどでリラクゼーションを提供するための美容兼メディカルベッドを提供するGharieni社は、興味深いベッドを複数台発表していました。

ウォーターベッドに温熱効果、バイブレーション効果を加え、さらに専用のヘッドフォンから流れる音楽で脳を活性化させたり癒したりすることで、全身のリラクゼーションを提供します。

特に注目したいのが、PSAMMO THERAPY効果が期待できる、熱の伝導率が高く肌感触の良い琥珀を使った電動ベッド。

温熱効果あり、マッサージ効果を石の下から加え、傾斜を加えられることから、全身のケアを行いながらの頭皮マッサージやフェイシャルケアが行われるウェルネス・ラグジュアリーなベッドです。

ショールームは各国各地の支店にありますが、もしショールームを訪れるのであれば、おすすめしたいのは、ドバイのパークハイアットホテル内に設置されたショールーム。 実際にスパやホテルに設置した際の気分を味わう事が可能です。

画像で見るBEAUTY FORUM 2021

あったか、ほかほかぬいぐるみ。 中にさくらんぼの種や大麦などが詰まっている何度でも再利用可能なカイロ。

足のためのクリーム、今年は例年よりも少なめな印象でした。 ただし、医療系足病ケアが多くみられたのが印象的です。

天然石を使ったマッサージボール maroSano。 デザイナーのBrunnさん曰く衛生的にもパーツ全てを簡単に外して消毒できるので安心です。 また天然石なので冷たく感じる場合はお湯で少し温めればホットストーンとしても使えます。

マッサージの学校も出展。 ドイツとオランダに店舗をもつロミロミマッサージの師匠は、踊りも上手でした(画像は踊る前)

なんと、ペット用(犬猫馬)歯ブラシ&歯磨き粉も開発されていました。 確かに犬や猫にとって、歯は命。 家族として大事にしてあげたいペットの歯の健康もケアします。

提供: Ginger Juice

数少ない美容のための食品のひとつ。 全てハンド・コールドプレスで抽出した生姜ジュース。 水で割って飲んだのに、お腹から温まるほどに効果は高い。 生姜はマダガスカルやガーナ、ウガンダなど5カ所で生産されたものから選べます。

かなり使いやすいお手頃なアロマ。 天然素材の木材キャップにアロマオイルを垂らして、使用。シンプルで置き場所にも困らない新しいルームフレグランスのスタイルに。

美容業界の洗浄マシンから、診察ベッドまで、各種様々な業界の商品が集まります。 毎年スーツケースを持つ美容関係の人々が溢れるビューティーフォーラム。  来年はホールも増えて、定番のブースも戻ってくることを期待しています。

弊社では、名刺やカタログの印刷、見本市会場への直接運搬手配なども承ります。(ただしお申し込みは少なくとも営業日8日前*になります・*ミュンヘンは8日前、他地域は場所により配送日数がかかることから営業日14日前・詳細はお問合せください)

また、事前視察の通訳と案内などもサポート致します。 各種サポートが必要な時、お問い合わせはこちらのフォームからお気軽にご相談ください。

error: Content is protected !!