ドイツでも日本語で!名刺印刷・カタログ印刷、見本市のパネル・ノベルティ制作

2021年丑年 カレンダー業界にも新型肺炎コロナウイルスの影響はまだ続く

毎年数量限定で、弊社発行の日本語無料情報誌の関係者や協力者、そして前年に印刷物などをご依頼頂いたお客様にも配布しているささやか(すぎる)お礼がわりのカレンダー。

2021年は2020年初頭から続く新型肺炎コロナウイルスの影響により、印刷発注時には祝日の移動も確定していなかったので(2021年11月27日に移動が確定しましたが・・・遅い)通常の祝日とオリンピック・パラリンピックの日程及び開催された場合の祝日を加えました。

ある意味レアな感じのカレンダー、入手出来た方はラッキーかも?という感じで楽しんでいただければ幸いです。

2021年の悲しい(情けない)間違いをこちらで訂正とともにお詫びいたします・・・
×2月12日建国記念日 ○2月11日建国記念日

 

2021年のカレンダー 変更点

カレンダーの本体自体は、2017年の改良から変わらず

数年ご要望が多くなってきた、「書き込みスペース重視のカレンダー」。 個人的にも「書き込めるスペースを少しでも大きくしたい」という欲があるので、来年は試行錯誤して変化を加えたいと思っています。

また、「書き込みスペース重視のカレンダー」は2種類目の事前予約受注型でのみ制作も検討中です。 2020年は変化の年、2021年は大きな変化を受け止めた改良の年になりそうです。

メモやタスクを見失わないように

この数年採用していた「ドイツ国内各州のお子さんの学校休暇表」は今年はどうなるか読めないご時世のため、2018年版の忘備録・メモ欄を再採用しました。

私個人の問題ですが、いつも長期間において大事なことをメモに書いては、そのメモを紛失して延々と探すという失敗をよくしてしまいます。 近日中に処理するならまだしも、数ヶ月先の事業予定や連絡すべき場所などは、完全にメモの山に埋もれるタイプです。(メモを同じ場所に溜め込むので無くしたりする事はないのですが)

また、今年のXX月にやらないといけない事。コンタクトを取らないといけない人。など毎年ありますが、だいたいギリギリになって思い出して、十分な(心と資料の)準備が出来ておらず望んだ結果にならない事も多くあります。

整理整頓が苦手な方。携帯やパソコンに入力しているのに、その入力したデータの場所を忘れたり見なかったりしてしまう方。 ぜひご活用ください。

オリジナルのカレンダーも作成可能

ちなみに、弊社では、各種季節のグリーティング・カードや印刷物などを始め、オリジナルのカレンダーの作成も承っております。 企業のロゴ入り、記念日などが入ったオリジナル・カレンダーの作成、チームの練習日や予定がすでに書き込まれたカレンダーなど、様々なご要望を加えることが可能です。

参考例:

  • 表紙・裏表紙に企業ロゴや画像を加える
  • カレンダーの日程表に創業記念日や確定している記念日を加える
  • チームの予定されている練習日をすでに記入
  • 余白スペース2pに必須連絡先事項など加える

制作・デザインについてのご質問やお問い合わせは、こちらのフォームからお気軽にご相談ください。