ドイツでも日本語で!名刺印刷・カタログ印刷、見本市のパネル・ノベルティ制作

今、グローバルに活躍できる人材の育成を行う重要性【セミナー】

当初はすぐに落ち着くであろうと思われた、世界を揺るがしたパンデミック・新型肺炎コロナウイルス(COVID-19)。 1年半近く経った今も感染率が高くなった新型が発生するなど、まだまだ予断を許さない状況が続きます。

そんな中、今だからこそ日本を離れて欧州各国で新たな市場を求め、海外企業との取引を望む日系企業が増えています。

企業の規模に問わず、海外市場へ進出するメリットは、やはり世界中の情報を即座に取り入れ、より大きな市場にいち早く参入できることですが、これまでは海外出張で補ってきた日本国外とのつながりも難しくなりました。

海外市場参入を目指すには

2020年から続くCOVID-19の影響で、オンラインを活用したリモートワーク化も浸透し始めている背景から、これからは、オンラインでのビジネスも重視していこう、と考える企業もあるかと思います。 オンラインでの国境の境はもはや定かではなく、世界で活躍していくことも難しいことではなくなってきました。

オンラインでの会議システムが発展し一般化される一方で、実際に行ってみて、対面(オフライン)との違いに翻弄されることも多いのではないでしょうか。

対面ではなんとか切り抜けられるシーンもオンラインでは難しい事が多々あります。 もしかしたら、海外に小規模でもなんらかの活動拠点、活動できる人材を置くことの重要性を再確認したケースもあったかもしれません。

最も重要なこと

対面(オフライン)・オンラインを問わず、最も重要なことは企業の体制と対応する担当者の本当の意味でのグローバル化です。

海外企業との会話をするためのツールとしての外国語も最低限はもちろん必要です。(流暢であればあるほど、もちろんプラスにはなりますが)ただし、言葉だけでは取れない「コミュニケーション」の方法を学ぶことも重要です。

このコミュニケーション方法は日本人同士でも育った環境や地域、年代によって様々なように、異文化間のコミュニケーション方法もまた違います。

海外企業との取引やビジネス文化を事前に取り入れ学んでおくことで、基本の「コミュニケーション」がよりスムーズになるでしょう。 さらには、海外式商取引にも対応できることが可能になります。 企業の未来が拓ける最初のステップとなります。

そのためにも、現在活躍している世代だけでなく、若い世代の社員への投資としても、海外ビジネス文化に関しての研修を行っておくことが重要です。

グローバルな人材を育てる

海外との取引を目指す際に問題点がひとつ。 丁寧で、礼儀正しく、今尚日本神話を信じる海外諸国の企業も多いのですが、独特なビジネス文化やレスポンスの遅さに、日系企業との取引に積極的でない面も残念ながら少なくはありません。

「日本の企業」としての良い面はそのままに、海外企業の担当者にとって取引したくなる担当者をどのように育成すれば良いのか? 商談成立後の安定した付き合いを続けていける人材を育成するにはどのようにすれば良いのか? という問題を抱える企業こそ、実行して欲しいセミナーがあります。

短時間・少人数制 オンラインセミナー

弊社では、zoomなどウェブ会議・イベントシステムを利用したオンラインでの、短時間・少人数制でグローバル人材として活躍するための基本に的を絞ったセミナーを適宜ご提供しています。

  • グローバルな人材に求められる5つの能力
  • グローバルなコミュニケーションとは
  • 実践するグローバルコミュニケーション 5つのポイント

などといったグローバルビジネスに必要不可欠なポイントを、実際に日本・ドイツのビジネスシーンで活躍し、多くの駐在員へのドイツ人との付き合い方を指導実績のある講師が担当します。

講師は数々の欧州ビジネスサポートを支えてきた人材を採用し、これまでにも週に1回1ヶ月コースや3ヶ月間の中期プロジェクト型コースなど人気のある分かりやすく親しみやすいセミナーをご提供しています。

基本講座内容は事前調査シートを参考にし、カリキュラムを作成。 御社の人材の資質に合わせた独自のグローバルな人材育成セミナーをご提案する事ができます。

使用言語は希望により日本語または英語、ドイツ語が可能です。

参考例

単回型
2時間程度の質疑応答型セミナー

1ヶ月型
4回行われる45分コースX4回

短期集中型
1週間、1ヶ月など平日に数時間ずつしっかりと実践・応用力を身につける

長期型(3ヶ月〜半年)
3ヶ月〜6ヶ月と定め、月に1〜2回の2時間セミナーでの基礎実習から、実際に海外企業向けプロジェクトを作成を最終目標としたコースなどご予算と希望に合わせた内容の組み合わせが可能です。

日系企業を対象にした見本市・展示会出展のセミナー

オンライン開催が一般化されつつありますが、やはりオフラインでの見本市・展示会は今後も重要な商談の場となります。

質疑応答を含めたおよそ1時間ほどの、「ドイツ見本市 出展のための5W1H - 御社の欧州市場展開を最適化しましょう」 というような、ドイツの見本市・展示会出展のためのセミナーを実施しています。
実際に行われたセミナーの様子:例

欧州内でも特にビジネスチャンスの高いドイツという国の魅力の1つに、歴史ある数々の見本市・展示会があげられます。 欧州内の企業のほとんどは、翌年の予算の使い道を見本市・展示会での商談で決定します。 そのため、日本の展示会と大きく違う点は「決定点を持った担当者」同士の直接交渉が可能なことです。 事前のアポ取りももちろん重要です。

「ドイツをはじめとした海外の見本市・展示会の在り方を知ってもらい」かつ「展示会出展までのプロセスと出展(参加)後の具隊的なスキームを感じる」ための基本をまとめた入門編セミナーとなります。

コロナ禍の終息後のオフライン開催を前に、いち早く、より着実にレジリエントな企業体制を作るためにも、事前準備を行ってはいかがでしょう?

現在はオンラインによるセミナーもしくは小規模による対面式セミナー*、また状況が落ち着いた後には対面セミナーも行えます。

*コロナ禍中の対面式セミナーは地域、会場、衛生状況、事前コロナテストの必要性等の制限があります

 

見本市や展示会に出展する際に実質的に必要なサービス・プロダクトだけではなく、企画前段階の「出展前の心の準備」からもお手伝いしています。

このような見本市セミナーの開講(一回のみの基本情報、3ヶ月〜半年程度に渡る集中講座など)、見本市出展時の各種サポートが必要な際のお問い合わせ、また事前マーケティングリサーチ などのお問い合わせは、こちらのフォームからお気軽にご相談ください。